社長ブログ

2019年10月

2019.10.14

“平穏に対するありがたみ”

おはようございます。本日は、体育の日→『スポーツの日』(まもなく改称)で、全国あちらこちらで、運動会が開催されていることを想像すると、朗らかな気分になりますが、このどんよりとした天気の下で、懸命な捜索をされている方々や、復旧に尽力をされておられる方々のことを想うと、いたたまれない想いになります。

今回の台風19号で被災された方々には、あらためて、お悔やみを申し上げるとともに、一日でも早い救出、復興と、平穏な生活が戻りますことを心よりお祈りいたします。

昨今、観測史上初とか、経験したことがないとか、良く耳にしますが、これだけ科学が進化して、台風の大きさ、進路、風速まで、事細かに予測する技術が発達しましたが、それにともなう被害想定がまだまだ、想定外というところは否めないように感じます。“想定外”という言葉は、確か、一昔前にIT企業の半成功者が連呼していた記憶がありますが、裏返して言えば『想像力の欠如』という捉え方もあります。頭のいい人、そうでない人も一生懸命、想像力を逞しくして、情報交換、意識を高めて、「こうなったら、こうなるのでは・・・」と常に、最悪を想定しながら、リスク管理する必要があると、考えさせられました。

弊社のすぐ北側を流れる秋篠川の流れもこの曇天の下、穏やかではありますが、いつ何どき、猛威を振るうか、想像力を逞しくして、命をまもる行動と事業継続できる危機管理をしていく決意を固めているところです。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。