社長ブログ

2020.08.23

『アフターコロナはウィズキョーエイ』

こんにちは、昨日は恵みの雨で、またひとつ季節の変わり目を迎えた感があります。
雷雨もあり、穏やかではない場面もありましたが、皆さまはいかがお感じになりましたでしょうか?

 今朝も、幾分セミの鳴き声も静かなスタートに感じました。自然の摂理に従いながら私たちは、順応していけるし、また、とかく錯覚を起こしやすい人間中心の世の中は、実はとんだど勘違いで、自然という大きな恵みに中でいかされているということをいろんな場面で自覚しないといけないと思わされます。

 さて、ウィズコロナは、“均衡化”がテーマになると思います。都市一極集中、週末の一極集中、連休の一極集中、飲食の一極集中、三密を避けるために、このことを解消しないと、見えざる敵との戦いを制することは難しいと思います。今後は、そこに知恵を絞っていきたいと思います。
 実は、弊社は、この熱に関する“均衡化”においては、以前から、塗装技術で実績を積み重ねております。
 “ガイナ”という塗料は、セラミックの特性を生かして、一極集中する高温・低温を“均衡化”する性質があります。この特性のお陰で、外壁面に塗布した塗料で夏冬の温度差を小さくし、『夏は涼しく、冬は暖かい』というなんともまあ都合の良い快適な住空間を実現できます。

 とかく、ステイホームを強いられるウィズコロナ・アフターコロナは、快適な住空間を“均衡化”をテーマにご検討いただき、弊社へのご相談をお待ちしております。
 どんなに世の中が変化しようが、『アフターコロナは、ウィズキョーエイ』で順応することをご提案いたします。
 いつも、弊社ブログをご覧いただきありがとうございます。

2020.06.27

原点回帰

森山邸 屋根現調 中山町_191101_0005

施工前

こんにちは、弊社は、今週6月22日より、第6期を迎えることができました。

森山邸 中山町 洗浄_200624_0002

高圧洗浄

創業39年を数えることができました。39年前に奈良市西部西登美ヶ丘という住宅街で当時丸太足場で外壁塗装によって産声を上げました。

森山邸(中山町)_200624_0013

瓦不具合

現在は、外壁塗装、耐震補強工事を主力に、リフォーム全般、省エネ、バリアフリー、福祉住環境工事、外構工事、植木の剪定にいたるまで、全領域を取り扱っております。

森山邸(中山町)_200624_0012

瓦補修

特に、外壁・屋根塗装は、常時5人の塗装職人を抱えて必ずどこかで足場仕事(外壁、屋根、樋)を施工しております。

森山邸(中山町)_200624_0008

タスペーサー

今回、新型コロナ感染拡大の緊急事態宣言下、お客様の生活に差し支える『急を要す』お仕事で弊社の存在価値を改めて実感することができました。

森山邸(中山町)_200624_0001

施工後

弊社は、アフターコロナ、第2波、第3波に備えて、新しい生活様式の確立と、営繕・修繕にさらに新しい技術も習得し、皆さまの健康・安心を守り続けて参ります。

2020.04.29

見えない敵、いつ来るかわからない敵

こんばんは、大型連休がスタートしました。こんな光景は今だかつて見たことがないほど、不思議な感覚と、日本人の律儀さを感じました。見えない敵と国民が一丸となって戦っているという神妙さとは裏腹に、この状態が続けば、計り知れない経済の停滞で日本は持ちこたえることができるのだろうかという底知れない不安が入り混じってしまったのは事実です。

弊社は、ライフラインに関係する業種とうこともあって、休業要請には該当しません。3密の心配のあるお仕事は、先送りにさせてただきながら、3密を避けられるお仕事をお施主様とご相談しながら進めさせていただいております。

 その中でも人と人の接触を最低7割、極力8割を日本国民の一員として、数値目標を達成できるように、手洗い、うがいの徹底、咳エチケットの励行、当然マスクの着用、3密を避け、ディスタンスをしっかりと確保し、うつらない、うつさないに全神経を集中させております。

 このコロナショックの最中、この瞬間も南海トラフ地震が起こる可能性が刻々と上がって行っております。経済の崩壊、擁壁の崩壊をわたしたちの微力で少しでも持ちこたえることができれば本望です。

 与えられた条件の中で、総合的な安全・安心を引き上げられるように最前線の職人たちと共に立ち向かっていきます。

 弊社の方針にご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

  • 池田邸 ガンコオヤジ_200429_0012
  • 池田邸 ガンコオヤジ_200429_0015
  • 池田邸 ガンコオヤジ_200429_0001