社長ブログ

2018年01月

2018.01.30

こんにちは。

 今年の冬は極寒という言葉をつぶやいてしまう程の日本列島ですが、皆さまお変わりございませんでしょうか?草津白根山の噴火や、都心部においては過去最強となる氷点下を記録するなど、地球を労わってあげないと、そのうち激怒するのではないかと心配してしまいます。私達建築業に携わる者として、環境破壊に歯止めをかけるべく真剣に取り組み、できることをひとつひとつこなしていきたいと思います。

 さて、キョーエイ・プライム㈱では、現在3件の耐震補強工事が進行中です。耐震事業を弊社の柱事業としている以上、阪神・淡路大震災の痛ましい惨状を風化させる訳にはまいりません。
今月の17日で23年が経ちました。「阪神・淡路大震災1.17のつどい」の遺族代表のスピーチを少しだけご紹介いたします。息子さんを亡くされたお父様のお話です。
 東京の学校に行かれている息子さんは、1月15日の成人式に出席するため神戸に帰省していました。成人式出席後に風邪で体調を崩し、父親の勧めもあって体調が良くなるまで実家で過ごすことにしました。
 そして運命の1月17日 震災が起こり犠牲となってしまわれたのです。
お父様はあれから23年経過した今も、つい昨日の事のように時が止まったままだとおっしゃっていました。あの時、無理にでも東京に帰していれば・・・
このようなお話しは良く耳にします。一寸先が見えない自然災害、『これも運命だ』『地震が来たらきたときのこと・・・』と簡単に済まされるでしょうか?今でもその後悔を抱え生きて行かなければならない遺族の皆様、どこにもぶつけられない怒りと苦しみを思うと、胸が苦しくなります。
 我々の耐震補強という取組みによって、木造住宅の耐震化率を100%に近づけることが出来るよう、技術の習得と防災意識の啓蒙を地道に続けてまいります。そうすることで、このような悲劇や苦しみに遭う方々が少しでも減らせるようになればと改めて決意した1.17でした。
 今後とも、皆さまのご理解とご支援を賜りますようによろしくお願い申し上げます

2018.01.09

新年、あけましておめでとうございます。

 本年は、明治維新から150年の節目の年となります。私事で恐縮ですが、大河ドラマが好きで毎年楽しみにしております。今年は、勤王の志士‟西郷どん”です。当時植民地支配の波がアジアに押し寄せる危機的な国難に志士たちがどう立ち向かったのか?現在、超高齢少子化の危機的国難に私たち国民がどう立ち向かうべきなのか?150年前の志士たちの活躍から何かヒントをもらいたいと思っております。

 さて、キョーエイ・プライム(株)は、前身の協栄工務創業から数えて37年目になります。職人を抱える工務店として、地元の方のお困りごとを親切・丁寧に解決しながら、その実は専門的な建築設計事務所として性能向上に重きを置き信頼、実績を積み重ねて参りました。
 耐震、省エネ、福祉住環境整備事業を3本柱と掲げ、スタッフの数も昨年は3名増員し、お客様のご期待にきめ細かくお応えする体制を整えました。
 今後は、更なる躍進のために、従来の受注生産型の事業スタイルに加えて、仕入れ先行型の事業を手掛ける決意を致したところであります。それにより、これまでよりも積極的な情報発信で、より多くの方へ、良いものをお届けすることが可能となります。今まで以上に皆さまのお役に立てるように、また社内勉強会を通じて人間性を高め、皆さまに愛される会社をめざし、地域活性へつなげる事業活動を推し進めて参ります。弊社の情報発信に耳を傾けていただき、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げるとともに、本年が、皆さま一人ひとりにとって、輝かしい一年になりますことを心よりお祈り申し上げます。