社長ブログ

2022.08.19

‟中小企業がそこぢからを発揮するとき”

こんにちは、今般の線状降水帯、感染拡大第7波、ウクライナ危機、物価上昇・・・明るい題材がない中で、みなさまはいかがお過ごしですか?

 日本が成長できなかった平成の30年間は、デフレ脱却と言葉をよく耳にしましたが、形勢が逆転して、いきなり“インフレ”という時代に余儀なく晒されてしまっています。
 物価上昇の時代には、それを上回る賃金の上昇があれば問題ないのですが、日本の現状は、目を疑いたくなるほど危機的な状況のようです。

その物価上昇率と賃金の上昇幅との関係(名目賃金の推移)を表記した興味深い(愕然的な)グラフを見つけましたのでご紹介しておきます。(右のグラフを参照)かつて、経済大国2位に君臨し、ニューヨークの貿易センターを買収するほどの勢いがあった日本が、“なぜっ?”って想わせるグラフです。

先進7か国で、日本だけ生活が豊かになっていないという印象で“理由を教えてっ”という内容です。
 関係しているのは、

①高齢者数(高齢化率)

②出生数/合計特殊出生率

③未婚率(30代後半)

④平均世帯数

⑤非正規雇用労働者数

⑥1世帯あたり平均等価所得(右の表を参照)

  

 

この数字が原因していることはどうやら明白のようです。われわれ中小企業としては、低賃金で不安定な経済的理由から単身生活を選択しないといけない⑤の非正規労働者数の数を抑えることで、日本が他の先進6か国と同じような名目賃金の上昇が叶う企業活動をしないといけません。

キョーエイ・プライム㈱では、

   ① 明るく、元気で、素直な人、さらに誠実な人誰とでも挨拶と返事のできる人人に対する思いやりがもてる人家族と仲間を大切にする人 失敗を恐れずにチャレンジし、常に成長しようとする人  を募集しております。①~⑤を備えた先輩が、まごころを込めて指導します。

未経験者でも大歓迎ですので、一度、非正規ではない、正規雇用労働をめざして、お問合せください。お待ちしております。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページトップへ