スタッフブログ

2019年01月

2019.01.23

耐震工事のご紹介

 こんにちわ。年末年始を過ぎ、はや一月も終わろうとしています。「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」の言葉通り、あっという間にこの時期は過ぎていってしまう気がします。しまったとかちょっとまってなど準備不足や確認不足から困った事にならないようにしないといけないなと思っているところです。一日の限られた時間を大切に今日も頑張ります

さて、今日は耐震工事のご紹介です。天井や床を壊さない耐震補強としてご紹介したいのが『かべつよしシリーズ』。耐力の数値も高く、優れた耐震性能をもっています。内壁部分だけで施工できるため、さまざまなシーンでのご要望やご相談に対応させていただくことができますので是非当店にお問合せいただければと思います。

M様邸の耐震工事中の写真です。

障子で仕切られていた二間続きの部屋の仕切りを『かべつよし』で補強しているところです。耐震工事、家が頑丈で強くなる!心に安心感が生まれます。

耐震②
耐震①

2019.01.17

あの日から24年 1.17

 2019年がスタートし17日が過ぎようとしています。

平成7年1月17日 午前5時46分 阪神淡路大震災・・・

あの日から24年・・・ 忘れもしない出来事でした。私は生まれ育った関西を離れ、名古屋で新生活をスタートし

半年が過ぎた冬の寒い朝でした。なに???この揺れ???なになに???と飛び起きたのを覚えています。

テレビを付けてみると、阪神高速が横倒しになり、ビルが倒壊し、火災が発生・・・見たこともないような光景に

何が起こっているのかと気が動転しながらも実家に電話をかけるが、まったく繋がらず・・・

当時、携帯電話もなく、連絡のとれない家族のこと、そして住みなれた街の変わり果てた様子に涙が止まらなかった

ことを今でも鮮明に思い出します。

当時、関西育ちの私はほとんど地震というものを経験したことがなかったのです。

あれから24年、近年においては未曾有の災害が日本だけでなく世界中で発生しています。

風化しがちな防災意識、あの日のことをいつまでも忘れずに、大切な家族を守り続けられる安全で快適な住まいをお造り

できるよう日々研鑽を積んでまいりたいと思います。

阪神淡路大震災

横倒しになった

阪神高速神戸線

阪神淡路大震災2

神戸三宮

倒壊したビル

阪神淡路大震災4

冬の寒い朝

あちらこちらで

火災が発生

2019.01.12

看板工事

 おはようございます。

昨年末に看板設置工事をおこなった現場です。

看板は色あせており、見えにくくなっていたため修繕致しました。

子供の歩行時に気を付けるように自治会さんからの依頼での工事です。

あと公民館の場所が分かりづらい為、看板を新設致しました。

寒い中の工事でしたが、無事終了いたしました。

学園朝日元町東自治会_181004_0004

看板修繕前

朝日元町東自治会_181219_0004

看板修繕後

朝日元町東自治会_181219_0005

公民館案内看板新設