スタッフブログ

2019年05月

2019.05.25

夏を迎えるまえに

 カラッとした天気が続いていましたが、ここ数日は一気に気温が上昇し 真夏のような暑さです。急に暑くなると体が慣れていないので、熱中症になる危険が増すそうです。皆様、お気をつけてくださいね。

5月18日は、奈良の世界遺産「唐招提寺」で”うちわまき”が行われました。

これは、唐招提寺の中興の祖と言われる、覚盛上人さまのあるエピソードに基づいて行われる行事で、その昔、弟子が上人さまの血を吸っていた蚊をたたきつぶそうとした際に「自分の血を蚊に与えるのも仏の道」とおっしゃったことに由来し、蚊を叩くのではなく扇子で払おうとのことから、上人さまの命日に唐招提寺の鼓楼からハート形のうちわをまく行事です。

休日に開催されるのは久しぶりなので、参加してきました。待ってる間に、当社のお客様とバッタリお合いしたりとうれしいハプニングもあり、うちわも手に入れてニンマリです。

さて、今回の半径5Mの現場作業。

外壁塗装をされたお客様のお宅の網戸を貼り替えていました。大量の網戸を手早く仕上げていきます。ピンと張った美しい仕上がりです。本格的な夏が来る前に、新しく貼り替えた網戸はいかがですか?蚊を防ぐ効果は唐招提寺のうちわに負けていないと思います(*^_^*)外壁塗装のお客様でなくても、ご用命いただければ施工致します。 サイズ等で金額が変わりますので、詳しくはお問合わせくださいませ。

2019.05.17

駐車場 区画線改修工事

ここ数日は暖かく、、と言うか、、少し暑くなってきましたね。

とても過ごしやすい気候ですが、日中と夜間の寒暖差が10度以上もある日があり体調を崩しやすい季節です。

日中は非常に心地よく現場作業が気持ち良いですよ。

今回は店舗様の駐車場区画線改修工事をさせて頂きました。

駐車場や道路のアスファルト上に書いてある白線ですね。車や歩行者などの誘導、安全確保などなど、私たちの生活には欠かせないものですね。

駐車場の白線が消えかかると汚く見えてしまい、店舗などのイメージが悪く見えてしまったり、また、事故が起こりやすくなってしまったりすることもあります。

白線の塗料はすぐ乾くので、施工後すぐに車を駐車することができますので店舗の営業にもあまり影響なく施工することができました。

白線が綺麗だと駐車しやすいですね。

ファーマシー加茂店 区画線引直し工事_190515_0005
01
ファーマシー加茂店 区画線引直し工事_190515_0002
02

2019.05.08

フェンス工事

 こんにちわ。史上初の10連休のゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?
私は大阪堺にある『ハーベストの丘』に行ってきました
今年4月にオープンした空中アスレチックです。

空中アスレチック

地上1.4〜最大8メートルの高さでのスリル溢れるアトラクションを…私…ではなく子供達が体験しました。(私は下から応援🏁(^^;)ワイワイ🎶キャーキャー🎶すごく楽しかったと喜んでくれて嬉しかったです。

さて今回はフェンス工事が完工したのでUPします。

8段あったブロック塀を2段のブロック塀とアルミフェンスに改修されました。髙い塀で守られていた防犯・目隠し対策はそのままですが、フェンスに変えることにより、通気性もよくなり、すっきりとした外観に変わりました。

ブロック工事工事前1
フェンス工事完工

今日もお天気よし!連休明けですが、お仕事モードにさっと気持ちを切り替えて頑張ります。

2019.05.07

信頼と敬愛

本日より本格的に令和が始動しました!!!長い長い10連休 みなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか?

信頼関係

今日から気持ちも新たにスタートだ☻と気合を入れておりましたところ、『五月病』『退職代行サービス』???今年の大型連休明けは特に退職代行に急激な需要が集まっているとニュースが流れてきました。ブラック・パワハラ・退職ルール、問題は様々あることでしょう。けれど、上皇天皇が退位に際し述べられた最後のお言葉に≪国民への深い信頼と敬愛を持って・・・»とございました。

人と人との関係に於いて、謙虚さと感謝の心から信頼し敬愛するが心がうまれ、人間関係がよりよいものになっていくように感じます。

昭和・平成・令和 時代がどう変われども大切にしなければならない心であると再認識をした今朝の出来事でした。

敬愛

2019.05.02

平成から令和へ

2019年5月1日 新しい令和の時代がスタートいたしました。

これまで日本の元号はほとんどが中国の古典によるものでありましたが、初めて日本最古の歌集である万葉集から引用されたそうです。

私ももちろん昭和世代です。昭和から平成に元号が変わる際には喪に服し、悲しみの中 粛々と執り行われていたと記憶しております。

長い日本の歴史の中で天皇陛下がご存命中に退位され、皇太子様の即位に伴い計画的に元号が変わるという例はなく、なんとなく晴れやかな希望に向かってリセットされた気持ちになっているのは私だけでしょうか。

「初春の令月」とは何事をするにも良い月、という意味があるそうです。日本人ひとりひとりが平和で大きな花を咲かせられますように そんな願いが込められているように感じております。

また気持ちを新たに、令和の日々も丁寧に過ごして参りたいと思います。

1令和