スタッフブログ

2021.07.11

「推し」の世界

人類

あなたの「推し」って何ですか?

2020年度下半期の芥川賞を受賞した、宇佐美りんさんの「推し、燃ゆ」で、推しという言葉が多くの人に知られるようになりました。もともとは、アイドルや俳優、アニメやゲームのキャラクターなどを深く愛するオタクと呼ばれる人たちが、熱烈に応援している対象のことを「推し」と呼んでいたそうです。現在では、実在の人物やアニメ、漫画などの二次元キャラクターのみならず、仏像や鉄道などのものまでもがその対象となっているようです。かつてオタクは暗いとか、社会性がないといったイメージが強くあり、自分がそうであることを公言することにはハードルがありましたが、近年、#metooなどのフェミニズム的な流行も含め、オタク的な感性の見え方が一般化し、好きなものを好きと言える社会に変わってきています。

また、「推し」の効果として、「生きがいができ人生にハリが出た」や「幸福感を共有できる」など、精神面でもQOLを向上させる影響があるのだそうです。実生活という解決や実行が難しい現実の世界から少し離れて、好きな「推し」がいる世界の体験を通じエネルギーをもらうことで、再び厳しい現実と向き合うため、リセットできる解決法であり楽しみなのかなとも感じました。

まだまだ、コロナ渦においての様々な影響や制限されることも多くあり、気持ちが落ち込みがちになることもあるかと思います。自分にとっての「推し」を見つけることもひとつのセーフティネットになるかもしれませんね。

そろそろ蝉の鳴き声が聞こえ始め、夏本番も近そうです。

元気に笑顔で過ごせる日常が早く戻りますことを心よりお祈りいたします。

ページトップへ