社長ブログ

2019.07.07

小さな泡が巻き起こす‟パラダイムシフト”

おはようございます。

6月から、弊社に新しい職人が加わり、新しい社風が育みつつあります。

非常に勉強熱心で、弊社の研修に関する方針を率先垂範して実行してくれる非常に有望な人材です。現在、弊社が(株)サイエンス社の正規代理店として推し進めるパラダイムシフト‟小さな泡が世界を変える”の主力商品‟マイクロバブルトルネードについて、その彼が主体的に収集した情報を公開します。あえて加工せずにそのまま掲載いたします。うれしくて目頭が熱くなります。(最近涙腺の弱さに歳をとったことを実感します。笑)

 

50代女性500名の93%が肌に悩みがあると答えている。

20代で58

30代でも50

毛穴パックやピーリングなどのパック剤や蒸しタオル、半身浴など日々悪戦苦闘している。

がマイクロバブルトルネードならお湯に浸かるだけで毛穴ケア。

 

毛穴の大きさは、10マイクロメートル

マイクロバブルの泡は3マイクロメートルなので毛穴の底にまで泡が入る

 

石鹸・ボディソープ・シャンプーは、界面活性剤で出来ており。

水だけでは落ちない汚れを界面活性剤で水性と油性のどちらの汚れも落ちるものでこすり洗う。

※高価な洗顔料ほどピリッと染みるのは界面活性剤がよく働き。

皮膚表面の角質を剥がれやすくし、本来皮膚表面を守っている角質まで剥がれ落としていることがある。

マイクロバブルでは水と空気だけで毛穴の深い汚れを取り除くので肌に優しい。

 

加齢臭=ノネナール

加齢臭は、不規則な生活、偏食、肥満、肝機能の低下、ストレス、疲労臭などが混ざり合い古本や蝋のような匂いだと言われる。

が、加齢臭とはノネナールという物質で。

ノネナールは、皮膚や毛穴に残った汚れや皮脂の酸化・バクテリアの発酵によって発生する物質だと突き止められている。

(ノネナールは、水に溶けにくく肌にこびりつきやすい)

40代のミドル脂臭の成分は、ジアセチルで、これもまた

身体に残った汚れや不純物、バクテリアの増殖発酵した結果である。

 

マイクロバブルは、3マイクロメートルにたいして。

ナノシャワーは、さらに細かい

0.13マイクロメートル。

マイクロバブルの20分の1以下の細さのシャワー。

油性のフェルトペンで書いた文字が消える程の洗浄効果!

 

昨晩、社長に頂いた本読みながら気になったところ

メモしてました!』

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム