社長ブログ

2019.09.06

延焼から大切な我が家を守る

外山邸 鹿ノ台東 外壁洗浄_190905_0001

こんにちは、昨年の今頃は、関西を襲った凄まじい台風で、弊社でも『電話が鳴りやまないのはこういう現象ですか?』という程のご相談を受け付けいたしました。

あれから、一年が立ちましたが、未だに、お待たせしているお客様もいらっしゃいます。

私たちにできることは、日頃から、三方よし(買い手よし、売り手よし、世間よし)の精神で、協力業者さんとの関係をしっかりとつくることだと思います。

ガイナ防火

職人(協力業者)さんと尊重しあうことで、機動力を保ち、より多くの方の、お困りにお応えする体制づくりが、今後、来てほしくない災害に対峙する手段だと思います。

毎日のように、昨日は、横浜、今日は、三重県と、あちらこちらで、記録的なゲリラ豪雨が発生していますが、備えること、意識を高くもつことで、救われる命もあると思います。

私たちは、今月から、災害に強い地域づくりのための具体的な活動に取り組みます。

企業としての防災に対する心構え、備えを身に付け、まずは、非常時に自社が“助ける側”になれるように準備します。

弊社は、今日も、足場を架け、防火性能の高い断熱セラミックク塗料“ガイナ”で建物を延焼から守ります。多角的に地域の防災を考える企業をめざします。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム