スタッフブログ

2020.06.02

あけてびっくり

増改築をしていると、予想しているより、すごいことがあります。

工事に取り掛かって、一階部分の天井がおかしいなぁ?と…。

予定外ですが、天井をめくってのぞいてみると、びっくり!

何と2階の大部分が乗っかってきている丸太梁の仕口が、以前の雨漏りで傷んでしまっていて、ほぼ外れかかっているではありませんか!

もし今、大きな地震でも来ていたら大変なことになっていたかも!?

すぐに床をめくって基礎を作って、柱を新設、ばっちり補強してお客様もひと安心。スタッフもひと安心。

とても喜んでいただけました。

その後、ついでに2階の屋根裏に入って雨漏りがないかを調べていると、またもびっくり!

大工の技術の方ではかなり高度な丸太梁を、建物に対して45度に組んでいました。

その丸太梁が家の四隅すべてに入っていました。

それによって、屋根面が家の揺れにすごく強くなっているんです。

でも、その梁の長さを出すには曲尺(さしがね)の裏目の√2を用いて出さなくてはならない、匠の技でした。

建てられた大工さんに敬意です。

このままでは大変なことに…

早速、補強工事です

これで一安心!